歳時記

人生が楽になる――私の新刊

投稿日:

 今夜――正確には昨夜だが、我が昇空館の役員新年会があった。
 新宿高層ビルの日本料理屋でやったのだが、紙製テーブルマットに墨痕で《喫茶去》とあった。
 これを見て、私は思わずニッコリ、である。
 なぜなら、来週21日発売の拙著『ヤクザの人生も変えた名僧の言葉』(河出書房新社)の中に《喫茶去》(きっさこ)という言葉が出てくるからだ。
 何となく、幸先がいいではないか。
 で、思わずニッコリ、という次第。
《喫茶去》は、唐代の禅僧・趙州の言葉だ。
 趙州は、誰に対しても、
「まあ、お茶をお飲みなさい」
 と、お茶をふるまうことで、
「分け隔てなく誰にでもお茶をふるまい、お茶を出された人は無心でそれをいただく」
 ということを教えた。
 要するに〝無心の日常〟というやつですな。
 それが具体的にはどういうことであるかは、拙著をお読みいただければ一読判然。
(そうか、人生って、そうなんだ!)
 僧籍を得た私が渾身の力で書いた「眼からウロコの人生読本」である。
 拙著のPRのようになったが、そうではない。
「読めば必ず、人生が楽になる」――そう信じるがゆえに、一人でも多くの人に読んでいただけたらと、あえて紹介した次第である。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2021 All Rights Reserved.