向谷匡史【日々是耕日】
 
 
新刊紹介
 
既刊紹介
 
メッセージ
 
 
ご意見・コメント受付
 
日本空手道昇空館本部道場
 
このサイトについて
 
タイトル題字
 
 

 
TOPIX

2月28日、築地本願寺GINZAサロンにて講演!

向谷匡史が、銀座にオープンした「築地本願寺GINZAサロン」にて講演を行います。
講演タイトルは、『クローズアップDHARMA(ダーマ)〜お坊さんになった人気作家〜』。
田中角栄から極道、そして仏教まで約100冊の著作を持つ作家・向谷匡史が、55歳で僧侶になって10年、「僧侶になる」をテーマにしたぶっちゃけトークです。満席になり次第受付終了となります。お早めに受講申し込みを。受講料1,000円(税込)
*下記ホームページから、または電話にて受講申し込みを行なってください。
2月28日(火)19:00〜20:30
築地本願寺GINZAサロン(中央区銀座2-6-4 竹中銀座ビルディング5階 電話03-6263-0430) ginzasalon.tsukijihongwanji.jp

 

産経デジタルiRONNAに寄稿
「おまえの生き方が悪い!」ストイックな教義に芸能人がハマる理由

産経デジタルiRONNA「芸能界と新興宗教のただならぬ関係」というテーマで寄稿しました。
是非ご覧ください。
http://ironna.jp/article/4927

 

マスコミが大注目!『子どもの「なぜ」の答え方』

好評既刊『子どもの「なぜ」の答え方』(左右社刊)が、マスコミで注目を浴びています。

向谷匡史が『土屋礼央レオなるど』(ニッポン放送)にゲスト出演したのをはじめ、下記ウェブサイトで紹介されています。
◎『ハピママ』 http://ure.pia.co.jp/articles/-/66665
◎『ダ・ヴィンチニュース』 http://ddnavi.com/news/341625/a/
◎『アゴラ コラムニスト・尾藤克之』
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170102-00010000-agora-soci

ぜひ、ご覧ください。

 
新刊紹介

『小泉進次郎「先手を取る」極意』
大注目の最新刊!!
『ヤクザは自分を20倍高く売る』〜ビジネスに生かせ! 「値打ち」をつける技術〜

悟空出版
17.1.23刊 本体900円+税
この本をamazonで購入

 

誰でも今日から使える、 ヤクザ流「自分の価値を高める人間関係術」

相手に一目置かせることができれば、交渉や人間関係で劣勢に立たされることはない。
「自己演出術の達人」たちが培ってきたノウハウを満載!

──こうすれば、周りはあなたを無視できない!──

■第一印象で評判を手に入れる ■別れ際の一言で人をひきつける ■安価なプレゼントで男を上げる人 ■「肩書き」と「“さん”付け」、呼び方を使い分ける ■“オウム返し”で信頼を勝ち取る■やり終えた仕事に「値打ち」をつける

ビジネスを制する無敵のスキル!


『小泉進次郎「先手を取る」極意』
発売即、重版決定!!
『小泉進次郎「先手を取る」極意』

青志社
16.12.17刊 本体1,000円+税
この本をamazonで購入

 

勝利を呼ぶ「人間関係、35の突破力!」

「首相にしたい人、ナンバーワン」とされる小泉進次郎。

相手を「笑顔」にさせ、見方に取り込む術は、まさに平成の角栄≠ニ言わしめる。

その進次郎を俎上に乗せ、彼の足跡をたどりつつ、言動と戦略、そして人間性までを分析し、そのノウハウを人生において活かす具体的な「実戦書」としてまとめたのが本書である。

「先んずれば制する」──進次郎の戦略とは、すべてにおいて「先手」を取るということだ。人間関係をめぐる戦いでは、「先手」こそ勝利を手中にする王道である。


田中角栄 絶対に結果を出す 「超」時間管理術
一周忌、追悼出版!
『続 安藤昇 90歳の遺言』

徳間書店
16.11.30刊 本体1,700円+税
この本をamazonで購入

 

永遠に生き続けていく「峻烈な言葉たち」

平成28年12月16日、安藤昇は一周期を迎える。

安藤組を率いたときも、解散して俳優に転向した後も、実業家やプロデューサーとして過ごした晩年も、彼が説く「男の作法」は、一点の曇りもなかった。

死して1年、今こそ耳を澄まして「峻烈な言葉たち」を胸に刻みたい。


田中角栄 絶対に結果を出す 「超」時間管理術
そうだったのか! 価値ある1冊!!
『田中角栄 絶対に結果を出す 「超」時間管理術』

三栄書房
16.11.01刊 本体1,200円+税
この本をamazonで購入

 

なぜ、あなたはいつまでも仕事が終わらないのか?

角栄が使うのは、手帳と秘書と自分の頭だけ。

できることは即やり、できないことは断る。

つねに、1分1秒の決断に命を懸けた。

現代に生きる我々が、そこから学ぶべきは、合理的かつ繊細な角栄流「時間術」なのだ!

時間を制する者は、人を制し、カネを制す。

日本一忙しい男の仕事を支えた、驚異的な時間の切り方、活かし方を盗め!