向谷匡史【日々是耕日】
 
 
新刊紹介
 
既刊紹介
 
メッセージ
 
 
ご意見・コメント受付
 
日本空手道昇空館本部道場
 
このサイトについて
 
タイトル題字
 
 

 
 
TOPICS

new
《《9月13日19時〜、築地本願寺GINZAサロンhttps://tsukijihongwanji-lounge.jp/top/ginzasalon_kokoroacademy.htmlにて講演を行います。テーマは「親鸞聖人がヤクザ組長に悪人正機≠説く 〜異色の浄土真宗入門〜」。興味のある方はお越しください。》

-----------------------------------------------------------------------------

《7月27日、オピニオンサイト『iRONNA(いろんな)』https://ironna.jp/article/10316に寄稿しました。テーマは「炎暑でも高校野球 朝日の二枚舌」。そこに「炎暑の甲子園≠ノ目をつぶる朝日の矛盾はメディアの自殺である」というタイトルで書いています。興味のある方はお読みください。》

-----------------------------------------------------------------------------
新刊紹介

『角栄と進次郎』

異色の仏教エンタテイメント小説登場!

『親鸞がヤクザ事務所に乗り込んで「悪人正機」を説いたら』

KKベストセラーズ
18.08.05刊 本体1,500円+税
この本をamazonで購入

 

本当に、善人より悪人のほうが救われる?
テキトーなこと言うてんやないど!

あの世(?)から還ってきた親鸞が、ヤクザ事務所に突然乗り込んできた! そして、ひょんなことから押しかけ法話が始まる。

「兄ィちゃん、浄土がどこにあるんや? あるかないかわからんもんを、どうやって信じろいうんや」
「因縁生起? そら、『風が吹きゃ桶屋が儲かる』と一緒やな」
「仏教は《今》の連続で生きる?これ、極道の生き方とおんなじやないか」  

武闘派イケイケの閻魔一家の組長、人斬りの鬼ヤンマ≠アと鬼山鬼太郎は、なぜか青年僧・親鸞の話に引き込まれていく。
「生かされている」という仏教の基本は、はたして極道に通じるのか──。
ミスター煩悩vs浄土から使者の、人生をめぐる対話の行方は?

一読で仏教がわかる! 面白くてためになる、ヤクザと仏教の斬新コラボ!!


『角栄と進次郎』

今日から使える一冊!

『角栄と進次郎』
〜人たらしの遺伝子〜

徳間書店
18.04.30刊 本体1,500円+税
この本をamazonで購入

 

普遍の人間関係術を手に入れろ!

田中角栄と小泉進次郎──片や尋常小学校卒のたたき上げで、片や総理経験者を父に持つサラブレッドと「出発点」は真逆だが、その手腕には「人たらしの遺伝子」が継承されている。

膨大な資料を丁寧に紐解き、角栄と進次郎を重ね合わせてみると45の「遺伝子」が見つかった。政治家に限らず、この45の処し方は普遍の人間関係術である。

激動の時代を前に、二人が織りなす人心掌握術に学べ!


浄土真宗一道会からのご案内

「還骨一日葬」(自宅葬)、「法事」に出勤します
亡き人への思いがどんなに深かろうとも、多額の費用をともなう葬儀の現実を前にして、戸惑う人は多いのではないでしょうか。
そこで、私が主宰する浄土真宗一道会からの「還骨葬」のご提案です。
ご遺族の手で先に荼毘に付し、ご自宅にご遺骨を安置し、そのあとご都合のいい日時を相談の上、葬儀(僧侶による読経)をする様式です。
無用の出費を抑え、お身内だけの心のこもったご葬儀とご理解ください。
ご葬儀は、ご自宅で行います。
祭壇をつくらず、読経と法話だけのシンプルなご家族一日葬です。時代性と小家族を考慮し、ご身内だけで心静かにお見送りするもので、お布施のみとなります。宗派不問です。
*法事もご相談下さい。
*関東一円には出勤します。また、遠方でも都合がつく限り出勤しますのでご相談ください。


お問い合わせは、お気軽に下記へ。
Email ichido-kai@mukaidani.jp
浄土真宗一道会 釋匡史(向谷匡史)