向谷匡史【日々是耕日】
 
 
新刊紹介
 
既刊紹介
 
メッセージ
 
 
ご意見・コメント受付
 
日本空手道昇空館本部道場
 
このサイトについて
 
タイトル題字
 
 

 
TOPIX
 

《11月24日、TBS系列『ビビット』(8:00-9:54)放映の取材を受けます。「田中角栄・小泉進次カ」についてです。ご興味がおありの方はご覧ください》

 

《11月23日、産経新聞に新刊『田中角栄の流儀 』(青志社刊)の広告が出ます。よろしくお願いします》

 
《「浄土真宗ではなぜ「清めの塩」を出さないのか」がyahooニュースで紹介されました。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170915-00010005-agora-soci
興味のある方はご覧ください。
また、9/21発売の週刊文春にも同書が取り上げられています。》
 
《オピニオンサイト『iRONNA(いろんな)』に寄稿しました。論題は『突き進む総理への道、「入閣拒否」で小泉進次郎が見せた本気度』http://ironna.jp/article/7315
興味のある方はご覧ください。
また、6月18日に寄稿した論題『「浄土ってどこにあるの?」日本人の宗教離れはこの問いに隠れている』http://ironna.jp/article/6829 も合わせてご覧ください。》
新刊紹介

『安藤昇 90歳の遺言』
三回忌追悼完全版、緊急発売!
『安藤昇 90歳の遺言』

徳間文庫
17.12.15刊 本体1,000円+税
この本をamazonで購入

 

永遠に生きつづける“漢”の言葉!

戦後アウトローのカリスマ・安藤昇がこの世を去って、3回忌を迎える。

思い出は歳月に洗われてセピア色に変わっていくと言うが、心に刻み込まれた一言半句は色あせるどころか、より鮮明になって迫ってくる──と著者は語る。

好評既刊の「90歳の遺言」「続90歳の遺言」に単行本未収録エピソードを大幅に加え、三回忌追悼完全版として、遂に文庫化!


『絶体絶命をチャンスに変える ヤクザ式 超切り返し術』
最強の武器を手に入れろ!!
『絶体絶命をチャンスに変える ヤクザ式 超切り返し術』
〜ピンチをチャンスにできた人だけが出世する〜

悟空出版
17.12.07刊 本体900円+税
この本をamazonで購入

 

ピンチを踏み台にできる人は、知らずにヤクザ式をやっていた!

ヤクザは一言一句に命を懸ける。当意即妙の鋭い「切り返し」で劣勢をバネに転じ、一瞬にして優位に立つ。

本書は、誰もが知っている炎上した事案を俎上に載せ、どう切り返せばよかったかを「ヤクザ式」で読み解いた、未だかつてないハウツー書である。

なぜ、小泉進次郎は○で、小池百合子は×なのか!?


『浄土真宗ではなぜ「清めの塩」を出さないのか』
大反響のノンフィクションノベル!!
『田中角栄の流儀』

青志社
17.11.23刊 本体1,500円+税
この本をamazonで購入

 

忘却の政治史に埋もれていたありのままの角栄の素顔!

昭和22年4月、関東ヤクザ界に君臨したフィクサー柴田暁山は、初当選を果した角栄に告げた。

「Winner Takes All.(勝者がすべてを得る)ウラ社会と表社会は相似形をなす」角栄の腹は決まった。

新たな視点から鋭く斬り込んだ角栄史実!


『浄土真宗ではなぜ「清めの塩」を出さないのか』
大人の教養!
『浄土真宗ではなぜ「清めの塩」を出さないのか』

青春新書
17.08.15刊 本体940円+税
この本をamazonで購入

 

一読で、お寺さんとの距離がグッと近くなる!

知っておきたい七大宗派のしきたりが、手に取るようにわかる本。

寺院の参拝、あるいは法事の席で、宗派による違いがわかれば、振る舞い方が変わる。その理由がわかれば、心の伝わり方も変わる。

となえ言葉、焼香のしかた、僧侶の呼び方、葬儀の意味……。
「そんな違いがあったのか!」と思わずうなる、へぇ〜連発の仏教超入門。