「「生き方」の極意」 一覧

no image

「生き方」の極意

「選択」ということ

2021/2/10  

拙著『心の清浄をとりもどす 名僧の一喝』(すばる舎)より。 * 法然「選択とは、すなわちこれ取捨の義なり」   「なぜ、あのとき」 人生の選択に後悔はつきものだ。 期待した結果にならなければ ...

no image

「生き方」の極意

「こだわる」ということ

2021/1/27  

拙著『良寛 清貧に生きる言葉』(青志社)より/一部転載。 * 《こだわる》という言葉は誉め言葉だ。 「あの人はワインにこだわる」 と言えば、ワイン通だと誉めていることになるし、 「あの人は服装にこだわ ...

no image

「生き方」の極意

来し方を振り返る

2020/12/24  

昨日と変わらぬ今日を過ごし、今日と変わらぬ明日を迎える。 けれど、来し方をふり返ると、思いもつかぬ曲折の半生に唖然とさせられる。 前を見て生きることは大切だが、前ばかり見ていると、自分はどんな道を歩い ...

no image

「生き方」の極意

井戸を掘るなら

2020/10/10  

挫折の原因は「迷い」にある。 何に迷うか。 「このまま続けていていいのだろうか」 という現状に対する迷いだ。 逆境にあるとき、遅々として成果が現れないとき、あるいは意に染まない状況になりつつあるとき、 ...

no image

「生き方」の極意

在るがまま、成るがまま

2020/9/24  

『降れば濡れ、濡るれば乾く袖の上を、雨とて厭う人ぞはかなき』 時宗の開祖・一遍上人の歌だ。 「雨に降られりゃ、服も濡れるがな。濡れても、そのうち乾くがな。そんなことより、濡れまいとして右往左往するのは ...

no image

「生き方」の極意

苦悩の本質

2020/9/8  

仏法の本質を「列車」に、すぐれた先達を「停車場」にたとえ、 「列車に乗りたければ停車場へ行け」 と、明治時代、西本願寺の名僧として知られる七里恒順は喝破する。 理屈をあれこれ学んでみても、それは線路の ...

no image

「生き方」の極意

虚仮(こけ)の一念

2020/8/19  

挫折の原因は「迷い」にある。 何に迷うか。 「このまま続けていていいのだろうか」 という現状に対する迷いだ。 逆境にあるとき、遅々として成果が現れないとき、あるいは意に染まない状況になりつつあるとき、 ...

no image

「生き方」の極意

「貧乏は強い」の真意

2020/8/4  

『空馬(からうま)に怪我なし』 という諺(ことわざ)がある。 「何も持っていない者は損をすることがない」 という意味だ。 無一文の人間は、それ以上、貧しくなることはない。 だから「失う」という恐怖心も ...

no image

「生き方」の極意

自分を追い込む力

2020/6/11  

時代はテレワーク。 働き方改革は遅々として進まなかったが、「予期せぬコロナ禍」によって一気に進展した。 物事は突然変異でしか変わらないということの見本である。 言い換えれば、生活形態や習慣を変えたいと ...

no image

「生き方」の極意

「縁」に身を投げ出す

2020/4/10  

「つくべき縁あればともない、はなるべき縁あればはなる」 「さるべき業縁のもよおせば、いかなるふるまいもすべし」 『歎異抄』に出てくる親鸞の言葉だ。 私たちの存在を含め、すべては「縁」に依る。 『災難に ...

Copyright© 日日是耕日 , 2021 All Rights Reserved.