歳時記

「桝添発言」で愚妻の怒り

投稿日:

「新型インフルエンザの本格的な流行が、すでに始まったと考えていい」
 桝添厚労相が緊急の記者会見を開いて、そう言ったそうな。
 だけど、
「ここまで拡大することは予想していなかった」
 という発言はないだろう。
 しかも、今春の発生時にくらべて国民の関心が低下したとの懸念を表明し、
「見えないリスク、新しいウイルスへの警戒を解いてはいけない」
 とは何事だ。
 新型インフルはたいしたことなく、騒ぎすぎだと、やっきになって沈静化させたのはいったい、どこの誰だ。
 麻生総理など、口をひん曲げて、
「国民のみなさまに、冷静に対処をお願いしたい」
 と、くりかえし語っていたではないか。
「今春の発生時にくらべて国民の関心が低下した」のではなく、「低下させた」のだ。
 そのことを頬っかむりして、いけしゃあしゃあと「懸念の表明」である。
 発生当初、愚妻はマスクをしこたま買いこみ、これで安心とニンマリしていたのだが、
「冷静に対処をお願いしたい」
 と、麻生総理が何度も口をひん曲げるにおよんで、愚妻も〝沈静化〟。マスクはもう不要とばかり、あちこち気前よく差し上げたのである。
 それが一転、
「国民の関心が低下したとの懸念」
 だの、
「見えないリスク、新しいウイルスへの警戒を解いてはいけない」
 だのと言われて、愚妻の怒るまいことか。
「だから自民党の言うことは信用できないのよ!」
 マスクのうらみは怖いのだ。
 どうやら桝添発言で、自民は少なくとも愚妻の一票を失いそうである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.