歳時記

人生は「時間」との格闘である

投稿日:

 昨夜、友人を病院に見舞った。
 危篤状態が続いている。
 私より4つ若い。
 もの言わぬ友人の顔を見ながら、いろんな思いが交錯する。
 今日、保護司として刑務所に面接に行った。
 まだ先のことだが、仮出所になれば私の担当になる受刑者だ。
 面接は今回で2度目になる。手紙のやりとりもあり、出所後の人生設計など、あれこれ話し合う。
 そういえば彼は、危篤状態の友人と同い年であることに気がついた。
 刑務所から帰って、すぐに執筆に取りかかる。
 ハウツーものと時代小説と同時進行で書いている。
「しつけ本」の執筆を楽しみにしていたのだが、担当していた編集長が会社を去ったため、書きかけのまま中止する。出版社から継続を依頼されたが、丁重にお断りし、義理を立てた。
 5月末に渡す原稿が延び延びになっていて、8月末に編集者と打ち合わせし、仕切り直しをすることになった。
 某社から脱稿時期について電話がくる。
「11月末でしょうかね」
 と答えるが、取りかかれるのはいつになるか。
 歴史小説を引き受けて、そろそろ1年になる。
 構想は固まっていて、早く取りかかりたいのだが、時間のやりくりが厳しく困っている。
 8月は空手の合宿のほか、仏教の勉強会が京都で2泊3日。
 私は、執筆の時間が足りない。
 危篤の友人は、生きる時間が足りない。
 受刑者は、刑期という有り余る時間に苦しんでいる。
 時間との格闘――これが人生ということか。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.