歳時記

別々の楽しみ

投稿日:

 曇り空が続くが、早朝ウォーキングにはちょうどいい。
 ウェアも何着か新しく購入し、赤、青、緑の上下がそろい踏みである。
 それに合わせて、カラフルなバンダナも用意。
 靴も、鮮やかなグリーン。
 ウォーキング用に、安価だが極薄の腕時計も買ってある。
 そして、ステッキを手に、背にたすき掛けのボデーバッグ。
 ボディーバッグにはペットボトル、塩飴、携帯、タオル、ティツシュなどが入れてある。
 これで1時間のウォーキングである。
「ヘンな人が歩いていると思われているわよ」
 と愚妻はイヤ味を言うが、構うことはない。
 生きたいように生きるのだ。
 今朝もそうだが、帰宅すると、入れ違うようにして愚妻が近所にある温泉に出かけていく。
 露天風呂は、日が昇る前に入らないと日焼けするのだそうだ。
「いまさら」
 という言葉を吞みこんで送り出す。
 無用のトラブルは避けるのが賢者なのだ。
 私は早朝ウォーキング、愚妻は早朝温泉。
 一つ屋根の下に暮らし、お互いがそれぞれの役割をこなしながら、別のことを楽しむ。
 ある年齢を過ぎれば、こういう生き方が精神衛生にはよそさうである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.