歳時記

ブログを書いている場合ではない

投稿日:

 昨日は銀座と新宿で打ち合わせがあり、クルマで出かけた。
 事前に駐車場をチッェクし、カーナビに駐車場の電話番号を入力をして、ノートバソコン持参で出発。予定より1時間早く到着するはずで、待ち合わせの時間まで喫茶店で原稿を書くつもりだった。
 ところが、都内に入ると、カーナビは銀座と逆方向を指示するではないか。
 根が正直な私はカーナビを信用し、指示されるままに運転すると、やがて、
「目的地周辺です」
 のガイド音。
 おいおい、ここは銀座じゃないじゃないか。
 何度か試行錯誤した結果、私が入力した電話番号は駐車場の運営会社のもので、駐車場の所在地ではなかったのである。
 おかけで、現地到着は約束ギリギリの時間。
 原稿を書くどころでなく、こんなことをやっているようでは忙しいはずではないか。
 都内から急いで帰宅すると、夕方6時から最寄りの駅前に行き、襷(たすき)かけてウチワを配布した。
 7月は「社会を明るくする運動」の強化月間で、保護司活動の一環として参加したわけである。
 7時過ぎ、ウチワを配布し終わったころ、民主党の枝野幹事長が駅前にやってきて、宣伝カーの上から応援演説を始めた。
 何をどうしゃべるのか興味があり、演説を聴いていたら、愚妻から携帯に電話がかかってきた。
「何してるのよ、7時15分よ!」
 木曜日は空手の稽古がない日なので、愚妻と晩メシを食べに行く約束をしていたのだが、コロリと忘れていたのである。
 愚妻は予約した店でカリカリしながら待っているようだ。
 こんなことばかりやっていると、原稿は溜まる一方ではないか。
 7月下旬、8月中旬と2冊の〆切がある。
(ブログを書いている場合ではないぞ)
 と自分に言い聞かせつつ、こうしてブログを書いている。
 忙しいはずである。  

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.