歳時記

〆切りと悪夢

投稿日:

 悪夢にうなされた。
 夢の内容は忘れだが、コワ~イものに追いかけられる夢だ。
 よくあることなので、
(ハハーン、例によって悪夢がやってきたな)
 と悪夢にうなされつつも、脳ミソの一部はしっかりと醒めている。
 で、目がさめて、
(やっぱりなァ)
 と得心するのである。
 〆切りに追われると、悪がやってくるのだ。
 6月初旬に1冊書き上げて原稿を渡し、次の〆切りが7下旬なのだが、ここ数日、所用で執筆できず、あせっている。
 しかも編集者から、
「できるだけ早く」
 という電話も来た。
(悪夢のヤツ、きっとやって来るぞ)
 と、この時点で私はすでに思っている。
 達観である。
 達観すれば、「悪夢」が「友人」のように思えてきて、それはそれで楽しいものである。
 まさに「心の持ちようで、苦は楽に転ずる」ということか。
「おい、マッサージ屋に予約だ!」
 愚妻に命じる。
「どうしたの? 4日前に行ったばかりじゃないの?」
 眉をつり上げて言う。
「バカ者。腹が減っては戦はできぬ、身体が凝(こ)っていては仕事はできぬ。知らんのか?」
「おいおい、どうしたんじゃ?」
 87歳の爺さんが、自室からノロノロと出てきて言う。
「腹が減っては戦はできぬ、身体が凝っていては仕事はできぬ」
 私が繰り返すと、87歳は大きくうなずいて、
「ホンマじゃのう。畑仕事も同じじゃ」
 すると愚妻が、私を見て言った。
「腹が減っては戦はできぬ、身体が凝っていては主婦業はできぬ。これからは、自分のことは自分でやってくださいな」
 現実は、悪夢よりはるかに怖いことを、私は身をもって知らされたのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.