歳時記

鳩山サンは〝悪い人〟かもな

投稿日:

 会議において批判を封じ込める〝切り札〟は、
「じゃ、あなたがやってくれますか?」
 これでいい。
 相手が返事に口ごもれば、他の出席者に対して、
「みなさん、批判するときは〝火中の栗〟を拾う覚悟でお願いします。その覚悟なくして批判だけするのは傍観者のやることです。私たちは傍観者であってはならない」
 むろん、これは詭弁(きべん)で、〝火中の栗〟を拾わなくても、意見も批判も大いにしてよいのだが、人間は、自分がやらずして批判することに後ろめたさを覚えるものだ。
 だから、
「じゃ、おまえ、やれんのか」
 と突っ込まれると、批判の矛先が鈍るというわけである。
 普天間基地移設問題で、鳩山首相は、
「沖縄の負担を全国で分かち合う」
 と、47都道府県の知事に問いかける姿勢を打ち出した。
 要するに、
「わしのことをゴチャゴチャ批判しとるが、じゃ、おまえら、米軍基地を引き受け気があるのか」
 と突っ込みを入れたのである。
 国民が鳩山首相を非難しているのは、のらりくらりと言い逃ればかりして、「ウソをついたこと」に対してである。
 その責任を頬っかむりして、
「引き受ける気がないなら、だまっとれ」
 と問題をすり換えようとしている。
 鳩山サン、どうやらソフトな外見と違って、素顔は悪い人のようである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.