歳時記

人の心は〝ブラックボックス〟

投稿日:

人間には、「理性」と「感情」が同居している。
 だから、やっかいなのだ。
(あの野郎、虫が好かねえな)
 と、心のなかでは思っていても、利害関係にあれば、
「お世話になっています」
 理性で、ニッコリ笑顔である。
 だから相手の笑顔を額面どおり受け取って、
(あいつは、オレに好感を持っている)
 と浮かれていると、そのうち強烈なシッペ返しを食うことになりかねない。人間の心は不可解(ブラックボツクス)であり、誤解と思い込みによって、悲喜こもごもの人生ドラマが繰り広げられるわけである。
 言い換えれば、もし相手の心が読めたなら、これほど強いことはない。〝人生ドラマ〟こそ味わえないかもしれないが、ことビジネスにおいては大変な威力を発揮する。
「この値段が限界ですわ。これ以上、まからしまへん」
 と渋面をつくる営業マンが、心でアッカンベーをしていることがわかれば、
「あっ、そ。じゃ、やめや」
 ブラフをカマすことができる。
 あるいは、
「悪いようにはしないから、ここは責任をかぶってもらえないか」
 という上司の言葉が、心にもないものであることがわかれば、
「ノー」
 と返事ができる。
 だから古来より、心というブラックボックスをのぞき見ようと、いろいろな占いが生まれ、発展してきたのである。
 このことは、天台宗開祖の最澄も同じ考えだったようで、人の心を推し量る方法として、
《風色見難しと雖も、葉を見て方を得ん。心色見えずと雖も、しかも情を見れば知り易し》
 と説いた。
 すなわち、
「形のない風も、葉の動きを見ることで実体を知ることができる。心も同じで、形こそないが、情の動きを見ることで、心のなかがわかる」
 という意味で、喜怒哀楽など感情の微妙な変化を感知することによって、相手の心を読みとることができると言うのだ。
 空手の組手試合をしていて、ある一瞬、相手の目に〝怯えの色〟を見て取ることがある。それがどんな色かと訊かれても困るが、精神を集中して対峙していると、確かに色が見えるのだ。相手の怯えた気持ち――すなわち心のブラックボックスが、相手の目を通じて一瞬の光を放つのである。
「形のないものを見る」――この素晴らしい能力を、実は私たちすべての人間が備えているにもかかわらず、そのことに気づかないでいる。漫然と生きるとは、そういうことを言うのだ。
 

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.