歳時記

健康診断で胃カメラ

投稿日:

 昨日は、市の検診で、胃カメラを飲んだ。
 検診はバリウムを飲むか、胃カメラか選択になっているそうだが、予約を取ったのが愚妻で、
「胃カメラにしたから」
 そのあと続けて、
「バリウムだと、再検査のとき胃カメラになるから面倒でしょう。だったら最初から胃カメラにしたほうがいいもの」
 確かにそうだ。
 以前、ピロリ菌の検査で胃カメラを飲んだことがあり、あまり気が進まなかったが、仕方がない。
 で、昨日の検査。
 看護婦さんがマニュアルに従って、
「歯は、入れ歯ですか?」
 と、笑顔で問う。
「違う」
 いささムッとして答えると、
「それはいいですね」
 と、これも笑顔。
 なんじゃ、わしは入れ歯の老人に見られているということか!
 あまりにガク然として、胃カメラの苦痛など感じているヒマはなかった。
 クルマで行ったので、検査あと30分ほどベッドで横になってから帰るよう看護婦さんに言われたが、1時間以上、すっかり寝入ってしまい、看護婦さんに起こされてしまった。
 入れ歯爺さんに見られたショックで、寝入ったに違いない。
 胃に少しばかり潰瘍があり、細胞を検査に回すという。
 愚妻にそのことを告げると、
「ほら、やっぱり胃カメラにしておいてよかったでしょ。二度手間になるところだった」
 と、自分の判断の的確さに喜んでいる。
 ここは喜ぶより、心配するべきだろうと思うが、愚妻にその気はさらさらなし。
 入れ歯を問うた看護婦さんも、愚妻も、女というのは何と残酷な生き物ではないか。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.