歳時記

運気を推しはかる

投稿日:

「明くる空には行くべし、暮るる空には行くべからず」
 という故事がある。
 意味は、
「夜が明けようとしているときなら、暗くてもやがて明るくなるから安心して出発できる。反対に、明るくても、これから日が暮れるというときに出発するのは、危険だからやめたほうがよい」
 このことから転じて、
「先の見通しが明るいことがハッキリしていれば、無理しても断行せよ。逆に見通しが悪いときや、判断に迷うようなときは無理せず慎重に」
 ということになる。
 問題は、夜が明けようとしているのか、それとも暮れようとしているのか、その見極めである。
 これが難しい。
 私は「人間関係」をバロメーターにしている。
 新しく知り合った人、旧知で関わりが多くなってきた人を見て、
「この人たちには運気があるな」
 と思えるときは、夜が明けようとしているときである。
 反対に、
「運気がないな」
 と思う人の場合は、陽が暮れようとしているときである。
 つまり「類は類を呼ぶ」というやつで、どんな人間と関わるかによって、今の自分の運気がわかるというわけだ。
 真宗的ではないが、これは私の経験則である。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2021 All Rights Reserved.