日日是耕日

俗にありて、煩悩を耕す365日

歳時記

「人生論」は逃避であってはならない

投稿日:

 愚妻が「ムダ」ということを口にするようになった。
 メディアで「省庁のムダ」が論議されているで、その影響を受けてに違いない。
「着物なんて、ムダじゃないの?」
「アマゾンですいぶん本を買っているけど、ムダじゃないの?」
「また出かけるの? 何の用事だか」
 なるほど、省庁にはムダがある。
 私にもムダはある。
 だが、仏教的に考えれば、
「この世に不要のものはない」
 ということになるし、このことを私はいつも口にしている。
 だから愚妻に言った。
「この世に不必要なものはないのだ。不要と思うのは、たまたま現時点において近視眼的な価値観で見て」
「私はダマされません!」
 私をニラんだ目は、
(あなたの存在そのものがムダなの)
 と告げているように、私は感じたのだった。
 昨夜、知人の還暦のお祝いを内々でやった。
 人生について、いろいろ語りあった。
 だが、そんな人生論がいかに甘っちょろいものであるか、我が愚妻に対峙して、つくづく思い知ったのである。
「生きる」とは、「目前の現実」と格闘することなのだ。
(人生論は逃避であってはなるまい)
 あらためて、そう思ったのである。
 

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.