歳時記

風邪とすき焼き

投稿日:

 昨日、朝起きたらノドが痛む。
 声が出ない。
 風邪を引いた。
 道場で子供たちを相手にするので、風邪が移りやすいのだろう。
「どうして風邪なんか引くのよ」
 と愚妻は怒る。
「好きで引いたわけではない」
「うがいをちゃんとしないからよ」
「風邪を引く前に言え」
「もう、しょうがないんだら」
 だが、仕事の追込みで、「しょうがない」というセリフは私には禁句。
 パソコンに向かってせっせと原稿を書く。
 途中で入浴する。
 仮眠をとる。
 そして、パソコンに向かう。
 昨夜からこの繰り返し。
 こういう芸当は自宅ならではで、道場の仕事部屋や、九十九里の仕事場ではできない。
 口うるさくはあっても、愚妻がそばにいるのは何とも便利で、心強い。
 今日の昼食はすき焼きにすると、いましがた私に告げにやってきた。
 風邪で唸っているというのに、真っ昼間からすき焼きにするのか。
 愚妻は便利で、心強くはあるが、時として、何を考えているのかわからなくなることがあるのだ。
 

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.