歳時記

苦労するのは、主(あるじ)だけ

投稿日:

 午前中は保護司の研修会。
 午後は都内で所用。
 しかも、仕事が詰まっていて、毎日、時間に追われている。
 老いた駄犬の〝マック爺さん〟は、メシのとき以外はグーグー寝てばかりいる。
 寝姿を見ているうちに、うらやましくも腹立たしくなって、
「ワン!」
 でっかい声で吠えてやると、〝マック爺さん〟がビクッと飛び起き、
「どうしてイタズラするの!」
 もっとでっかい声で、愚妻が怒った。
「一家の主(あるじ)が寝ずして苦労しているというのに、愚かな犬が惰眠をむさぼるとは何事だ」
「バカみたい」
 愚妻がフンと鼻で笑って、視線をテレビにもどす。
「肩を揉め」
 と言いたいところだが、素直に聞き入れるわけがなかろう。
 しょうがない。
 原稿を書くか。
 苦労するのは、主(あるじ)だけなのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.