歳時記

愚妻の帰宅

投稿日:

 やれやれ、やっと愚妻のご帰還である。
 私にとっては長く辛い日々であった。
 駄犬のトイレマット(と言うのかどうか知らないが)、小便するたびにそれを取り替えたり、エサをやったり。
 一方、感動の体験もあった。
 天気がいい日は、思い立って雨戸を開けながら、
(おッ!)
 と思った。
 この家に住んで30年。
 雨戸を自分で開けたのは初めてであることに気がついたのである。
 娘が心配して食べ物を持ってきてくれたので、
「30年にして初めてだぞ」
 と報告すると、
「バカみたい」
 そう言い置いて、さっさと帰って行った。
 途中駅の乗り換えで、愚妻から電話。
 駅に迎えに来いとのこと。
「自分で帰ってこい」
 と言おうものならエライことになる。
 ここは大人の知恵で、
「ハイハイ」
 と機嫌よく返事して迎えに行った。
 おかげで、愚妻はすこぶる機嫌がいいのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2021 All Rights Reserved.