歳時記

「多くを蔵すれば、必ず厚く亡う」

投稿日:

「金に目がくらむ」
 という言葉がある。
 目がくらめばどうなるのか。
 見えなくなる。
 何が見えなくなるか。
「自分」である。
 金に目がくらむと、自分が見えなくなってしまう。
 いま何をしようとしているのか、その行為は人として正しいのか間違っているのか。
 そんなことが見えなくなってしまい、結果、道を誤り、身を滅ぼす。
 このことを、老子は、
『多くを蔵すれば、必ず厚く亡う』
 と教えた。
「ゆえに」
 と、私は愚妻に告げる。
「わしは幸いにも、自分がよく見えておる」
 愚妻は一瞬、キョトンとしたが、
「ちょっと、ハッキリ言ったらどうなのよ」

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.