歳時記

「ユッケ社長」の土下座

投稿日:

 4人の死者を出した焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」をめぐる集団食中毒事件で、勘坂社長が土下座した姿が、私の脳裏にずっと引っかかっている。
「パフォーマンス」だと言うのではない。
 そういうことではなく、何となく違和感をおぼえるのだ。
 それが何だかわからないまま、もやもや気持ちで数日が過ぎていたが、愚妻が観ていたテレビ時代劇で土下座シーンがあり、それをぼんやり眺めていて、
(そうか!)
 と、もやもやの原因に思い当たったのである。
 すなわち、直立不動で頭を下げるのは「謝(あやま)る」で、土下座は、
「赦(ゆる)しを乞(こ)う」
 ということなのだ。
 町人が代官に土下座するときのセリフは、
「お赦しくださいませ、お代官様」
 であり、
「申しわけありませんでした」
 という謝罪ではない。
 このことから、勘坂社長の土下座は、
「お赦しください」
 と乞うているのだ。
 赦しを乞うのは、謝罪し、責任を取り、その後のことではないか。
 しかも、被害者にではなく、メディアに向かって赦しを乞うているのだ。
 妙なことではないか。
 私の違和感は、責任を取る前に「赦しを乞う」という社長の土下座に、「わが身可愛さ」を感じたからであることに気づいたのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2022 All Rights Reserved.