歳時記

「一流の人間」とは何か

投稿日:

「一流の人間になりたかったら、一流の人に会うこと」
 私が大学四年生のとき、畏敬する出版界の先輩に言われた言葉だ。
 以来、三十有余年。
 週刊誌記者時代から現在まで、政財界はじめ芸能界、スポーツ界など一流の人には数え切れないほど会ってきたが、私は未(いま)だ一流の人間になれないでいる。
 話が違うではないか。
 先輩に抗議しようにも、すでに故人になられた。
 で、昨夜。
 仕事のあと、自宅の風呂につかっていたときのこと。
 一流の「意味」について、ハタと思い当たったのである。
「人皆己々得たる所一つあるものなり」
 とは、江戸初期の臨済宗の高僧・沢庵禅師の言葉で、
「人は皆それぞれの長所がある」
 という意味だ。
 私はこれまで、一流とは、功成り名を遂げた人だと思ってきたが、そうではないのだ。
 人間はすべて、それぞれ「一流のモノ」を持っており、その「一流のモノ」を見抜いて接することが、「一流の人に会う」ということではないのか。
 すなわち、人それぞれが持つ「一流のモノ」を見抜く眼力を養え、と先輩は言ったのかもしれないと、思い当たったのである。
 そうと知らなかった私が、一流になれないのは、なるほど当然だと合点したのであった。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.