歳時記

アサガオが見たくて

投稿日:

 この夏、無性にアサガオが見たくなった。
 で、6月だったか。
「おい、アサガオだ」
 と愚妻に命じて準備させた。
 愚妻はヒモのようなものを組み合わせ、アサガオの蔓を伸ばす簾(すだれ)のようなものをこしらえた(よく見ていないからわからない)。
 ところが、そのことをコロリと忘れ、
「おい、アサガオはどうした」
 と今朝、愚妻に言ってしまったのである。
 女の顔が、あれほど歪(ゆが)むということを、私はこのとき初めて知った。
「ちょっと!」
 あとは書くまい。
 私は、今年は一度も庭に出ていない。
 それほど忙しいのだ。
 アサガオどころではないのだ。
 そのことを丁重に愚妻に告げたところが、火に油。
「だったらアサガオなんて言わなきゃいいでしょう」
「もっともだ。では、秋はコスモスにする。頼むぞ」
「ちょっと!」
 あとは書くまい。
 

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.