歳時記

回転寿司に出かけてみた

投稿日:

 今日は、拙著『定年後、ゼロから始めて僧侶になる方法』について、日刊ゲンダイの取材を受けた。
 手術からちょうど2週間が経ったが、鼻洗と綿の詰め替えを朝夕に行っており、息苦しいやら、しゃべりにくいやら。
 それでも丁重に取材していただき、ありがたいことである。
 先日の診察のおり、サウナについて女医さんに聞いたら、まだまだ厳禁とのこと。
 ガッカリしつつ、風呂とサウナが生活のリズムになっていたことに、いまさらながら気づいたところである。
 そう言えば、入院の8日間、坊主の教師教修で籠もった別院の10日間、朝風呂に入れないことがこんなにつらいことか、身をもって知らされたことを思い出した。
 習慣とは、げに恐ろしいものである。
 昨日、回転寿司に行った。
 ざっと数えて、二十数年ぶりである。
 馴染みの寿司屋もあり、「回転」は気が進まなかったが、新しい店ができたと愚妻がしつこく誘うので出かけた次第。
 席のタッチパネルには驚いた。
 しかも、注文した鮨が近づいてくると、
「間もなくです」
 とか何とか音声ガイドが流れる。
「間もなく」
 という予告があるということは、
「到着しました」
 と再度、案内があるはずと勝手に思っていたら、そのまま目の前を皿が通り過ぎてしまった。
 回転は気が抜けなくて、私の性分には合わないことがよくわかった。
 やっぱり板前さんが私の顔色をうかがいながら、
「握りますか?」
 と気遣ってくれるのがいい。
 寿司屋は、カウンターを挟んだコミュニケーションが楽しいのだ。
 そのことに改めて気づき、
「もう回転はやめだ」
 と愚妻に告げると、
「何をやっても文句を言うのね」
 と、すこぶる機嫌が悪かった。
 愚かな女にはわかるまいが、ただ食べればいいというものではない。
「回転」に出かけるかどうかは、実は人生観の問題でもあるのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.