歳時記

エアコンが大の苦手

投稿日:

暑い暑いと言っているうちに、8月も終わろうとしている。

「一生の速やかにすぎさること稲妻の如し」
とはよく言ったもので、まさに実感である。

このまま過ごしやすい秋口に突入してくれればいいが、夜は相変わらず蒸し暑く、寝苦しい。

私はエアコンが苦手なのだが、こうも蒸し暑いと仕方なく夜中に起きてエアコンをつけるのだが、設置場所が頭の上の壁際なのだ。

稼働のランプが点くため、それがまぶしくて寝られない。

で、やむなくアイマスクをつけ、冷気で鼻水が出ないようマスクを着用。
完全武装で寝ることになり、鬱陶しくてなかなか眠りにつけないため、寝不足の日が続いている。

一方、愚妻は私と真逆で、暑がり。
エアコンにもめっぽう強い。
居間はギンギンに冷気がきいている。

これが私には苦手で、夜は早々に冬物のパジャマに着替え、その上からフード付のパーカーを着込み、フードですっぽり頭部を覆い、さらに厚手の靴下を履いて居間に坐っている。

「バカみたい」
愚妻は嘲笑するが、私はこうでもしなければ、とても居間でテレビを観てはいられないのだ。

自分でも難儀だと思うが、体質だから仕方あるまい。

そう抗弁すると、
「だったら、さっさと自分の部屋へ行けばいいでしょう」
毒づかれ、気を悪くする私は7時のNHKニュースを観ると、早々に自室に引きあげ、読書するのだ。

おかげでこの夏は、いつになく本を読んだ。
人生、何が幸いするかわからないのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2022 All Rights Reserved.