歳時記

マスクと「プロ意識」

投稿日:

愚妻が手製マスクを突き出して、
「これ、法務のときに掛けて行きなさいよ」
と言った。

地味な色なので、黒い法衣にちょうどいいのだそうだ。

イヤだとも言えず、掛けていったのだが、法話をしていると、顎の動きに合わせてマスクが下にずっていくのである。

私などそうだが、しゃべっている相手のマスクが次第にズレていくと、話しの内容よりそっちが気になる。
これでは法話が相手に届かない。

帰宅して、そのことを愚妻に告げると、
「じゃ、行き帰りだけそのマスクをして、会場に入ったら今までのマスクに掛け替えればいいじゃないの」

一瞬、「なるほど」と思ったが、考えてみれば、わざわざ手製のマスクを掛けて行く意味がないではないか。

しかし、せっかく作ってくれたものをそうは言えず、私はマスク2種類持ちという手間をかけているだ。

それにしても、たかがマスク、されどマスク。
メーカーのマスクはさすがで、自宅で同じ形のマスクは作れても、機能においてちょっとしたところが違う。

「アマチュアには決して作れないもの」
これがプロの仕事というものだろう。

どの分野においても、プロが少なくなってきたように思う。
ふり返って自分はどうか。
自問するのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.