歳時記

このブログが本になる

投稿日:

 土曜日から鴨川の仕事部屋に来ている。
 今日は朝から山間(やまあい)の粟斗温泉に出かけた。
 鄙(ひな)びた温泉宿が一軒あるだけで、ほとんどが日帰り入浴の客だが、平日はガラ空き。しかも、お湯はなかなかのもので、肌がツルツルになるのだ。
 私の肌がツルツルになったところでしょうがないが、部屋を借りて一日過ごせば、命の洗濯気分というわけである。
 粟斗温泉までの道中、彼岸花があちこちに咲いていた。
 やはり赤が強すぎる。
 並んで咲くコスモスの淡いピンクと見くらべれば、主張も強すぎれば逆効果になることがわかる。
 控えめは美徳であり、強烈なメッセージでもあるのだ。
 唐突ながら、私のこのブログが一冊の本になる。
 タイトルは、『道は目前にあり/ここにある。幸せの瞬間』(ディベロップ東京出版)。
 本書は、友人で著名な写真家である齋藤文護氏とのコラボレーションである。
 齋藤氏は周知のようにHealing Photgraphの第一人者であり、氏がファインダーで切り取った〝人生の断面〟は、ときにほのぼのと、ときに峻烈に、生きるということの意味と実相を私たちに突きつけるだろ。
 拙文はともかく、齋藤氏の写真を堪能していただければと思う。もの言わぬ写真であるがゆえに、いかに豊穣なメッセージを発しているか、おわかりいただけるだろう。
  発売は10月17日。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.