日日是耕日

俗にありて、煩悩を耕す365日

歳時記

「不快感」という言葉

投稿日:

 最近、ニュースで、やたらと「不快感」という言葉を耳にする。
「枝野経産大臣が、九電の対応に対して不快感を示した」
 とか、
「経団連の米倉弘昌会長が、孫正義社長の批判に対して、理解に苦しむと強い不快感を示した」
 とか。
 気になるので、「不快感」の意味について調べてみると、
『不愉快に思う気持ち』
 とある。
 ならばと「不愉快」について調べると、
『愉快でないこと。いやな気分になること』
 さらに「愉快」について調べると、
『楽しく気持ちのよいこと。おもしろく、心が浮きたつこと』
 とある。
 つまり「不快感を示す」とは、
『おもしろくねぇな」
 という態度や言葉のことをいうのだ。
 これならわかりやすい。
「枝野経産大臣が、九電の対応について不快感を示した」
 というニュースは、
「枝野経産大臣が、九電の対応に対して、〝おもしろくねぇな〟とイヤな顔をしました」
 アナウンサーがこう言えば、なるほど、とよく理解できるのである。
 もっとも、「おもしろくねぇな」では品位に欠けるので、わざわざ「不快感を示す」と言うのだろう。
 言葉とは何と面白いものであることか。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.