歳時記

20周年祝賀会

投稿日:

 昨日は、市内のホテルで、昇空館創設20周年の祝賀会を行った。
 盛況で楽しい一時だった。
 と言っても、私はいっさいノータッチ
 すべて実行委員会におまかせで、パーティの段取りから記念誌の製作、エンブレム、ネクタイ、ジャケットの新調まで実行委員会の各氏が見事にやってくれた。
 多士済々の昇空館ならではと、我ながら感心した次第。
 実を言うと、私はパーティはあまり好きではない。
 自分が主催するパーティは、まずやらない。
 故安藤昇氏は、最晩年まで誕生会をやらなかった。
 理由を問うと、
「俺が声をかければ、義理で来なくちゃいけない人間もいる。そういうのは好きじゃない」
 そうおっしゃった。
 自分を厳しく律し、人に迷惑をかけることを嫌った。
 私ごときがおこがましいが、そういう処し方でありたいと願い、それに倣(なら)っている。
 だが、昇空館を創設して20年。
 会員諸氏の努力で、今日まで来た。
 祝賀会をやろうというのであれば、私が反対する理由はない。
 実行委員会への注文は、ただ一点。
「会員以外は声をかけないこと」
 迷惑をかけたくないのでそうしたが、本来であれば、ご招待申し上げなければならない方もたくさんいらっしゃる。
 そういう意味では礼を失することになるが、八方丸くいかないのが世のなかで、ここは割り切った次第。
 昇空館は「足し算」で歩んでいくが、私は「引き算」で人生を歩んでいく。
 足し算も楽しいが、引き算もまた楽しいものだ。
『晴れてよし 曇りてもよし富士の山 もとの姿は変らざりけり』
 とは山岡鉄舟の歌だが、人生は「足してよし、引いてよし」。
 日々に一喜一憂するなかれと、20周年に似合わぬことをパーティの席で考えていたのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.