歳時記

釣りに行かねば

投稿日:

 さる4日は、知人が主催する中国武術の大会、8日は私が関係する空手の大会、さらにゲラ校正と、連休はゆっくりする時間がなかった。
 それでも、やっとこさギターの梱包を解いたが、チューニングがうまくいかない。
 面倒くさくなって放棄。
「何でも思いつきで買うんだから」
 愚妻が冷たく言う。
 なるほどそのとおりだが、「思いつき」が私の持ち味で、今週の日曜日は小四の孫娘をつれて釣りに行く予定。
 小六の男児は二度ばかり連れて行っており、
「私はどうして連れて行ってくれないのか」
 と、孫娘に抗議され、
「よし、連れて行こう」
 と、思いつきで言った次第。
 少しばかり後悔しているが、私は生来、怠け者なので、「有言実行」を心がけており、それが「思いつき」になるのだろうと、これは私の分析である。
 ここ数日のうちに釣具店へ行って、店員に迷惑をかけることになるだろう。
 前回も釣具店へ行って、
「釣りのこと何にもわからないんだが、何を買って、どうすりゃいいんだ?」
 と若い店員を恫喝して、狼狽させた。
 店員が、ああでもない、こうでもないと熱心に説明してくれるが、私はそれを遮り、
「能書きはいいから、それで釣れるんだな?」
 イライラして言うと、
「釣れるはずですが」
「はずじゃダメだ。孫の手前、恥をかかせるなよな」
 イヤな客だと思ったことだろう。
 同行させた愚妻が、さっさと私の側を離れて行った。
 きっと、また同じ会話が繰り返されるのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2021 All Rights Reserved.