歳時記

季節を満喫

投稿日:

 1週間ほど留守したお陰で、連日のアポイント。
 たいした用事でもないのだが、こうして死ぬまで世間と関わっていくのだろう。
 それはそれで、よしとするか。
 今朝も、ウォーキングである。
 これまで私が5時に愚妻を起こしていたが、慣れとは恐ろしいもので、いまは私と同じ4寺30分には起床して、とっとこ着替えている。
 そういえば、愚妻はハワイにもウォーキングの服装を持参していて、
「歩くんでしょ?」
 と告げられたときには、ギョッとした。
 コケの一念という言葉があるが、さしずめ「愚妻の一念」といったところか。
 今朝、ウォーキングしていると、紫陽花がまだ咲いていることに驚いた。
 梅雨が明けて出番が終わるというのに、頑張っているではないか。
「見ろ、紫陽花が咲いておる」
 指さすと、
「枯れてるのもあるじゃない」
 と愚妻が興ざめのことを言う。
「バカ者!」
 と叱りつけて、はたと気づいた。
 ここなのだ。
 私は何事もポジティブな部分しか見ないが、愚妻はネガティブな部分に目が行くということなのである。
 生き方としては、どっちがいいかはわからないが、人生、ポジティブな部分しか見ないほうがハッピーではないのか。
 そんなことを考えながら、私はいつものように小橋の手前で愚妻と別れて陽の当たる「悟りの道」を、愚妻は日陰になっている「煩悩の道」を往く。
 遠目に、「煩悩の道」をウォーキングしている人が多く、陽の当たる「悟りの道」を往くのは私のほか数人しかいない。
 暑いからといって日陰を歩く、その生き方が私は気にくわない。
 真夏は、とことん暑い中を歩けばいいのだ。
 これをポジテイブに考えれば、「季節を満喫する」と言うのだ。
   

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2022 All Rights Reserved.