歳時記

要は「視点」の問題である

投稿日:

 拙著『人は理では動かず情で動く 田中角栄 人心収攬の極意』が3刷りになった。
 田中角栄の「人心収攬術」については、以前から書いてみたいテーマであり、何人か編集者にも話してみたが、一応に「いまさら角栄ですか」といった顔をした。
 そんな中で、旧知であるベストブック社のT社長だけが、
「面白いね」
 と言ってくれた。
 確かに角栄は「いまさら」のテーマだが、実は何事においても「いまさら」に妙味があるのだ。
「いまさら」とか「当たり前」と思っているのは、それを見る視点が「いまさら」であり「当たり前」であるということに過ぎず、ちょっとスタンスを変えるだけで、驚くほど新鮮に見えるものだ。
 今朝もウォーキングしながら、同じ道であっても、その日の心の持ちようによって、風景は千変万化して見えることにいまさらながら感動した。
 何事も「視点」の問題だと気づいたとき、これまでボツになった企画やテーマが息を吹き返し、新鮮に見えてくるのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.