歳時記

空腹の深夜

投稿日:

 まもなく、深夜〇時。
 次作の「前書き」を書き終え、メールで送稿したところである。
 実は、今日は断食日だった。
 朝になれば、お粥が食べられる。
 楽しみである。
 そういえば、テーブルの端に、みたらし団子が置いてあった。
 これは昼に食べよう。
 断食日は、いつやるかに頭を悩ます。
 今日は、原稿やら諸々あるので断食はしたくなかったのだが、明日は取材が来るし、夜は保護観察官に同道して、対象者のアパートを訪ねる。
 明後日は都内で所用、その翌日は「話し相手ボランティア」で施設に行かなければならない。
 さらにその翌日、まだ未定だが都内で打ち合わせが入るかもしれない。
 土曜日は某所の総会で講演を頼まれているので、断食するわけにはいかない。
 日曜日は愚妻と出かける。、
 断食日を決めるのも、手帳とニラめっこなのである。
「そうまでして、何で断食するの」
 と愚妻は恨めしそうに言うが、物書きにとって体験は発想の宝庫なのだ。
 といっても、体験すればいいというのではない。
 その体験を通じて、その先にある何かに気づくこと。
 これが大事だと、空腹をかかながら、我が身に言い聞かせるのである。
 

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.