歳時記

ヒザ痛で夜も眠れず

投稿日:

 ここ3日間、右ヒザの炎症に苦しんだ。
 痛くて、夜、眠れない。
 かかりつけの整形外科が休診日だったので、そういうことになったのだが、愚かな女にはそこがわからない。
「よく何時間も眠れるわねえ」
 と感心している。
「バカ者。眠っているのではない、痛くて唸っているのだ」
 訂正してやったが、愚妻はもとより信じてはいまい。
 私が鎮痛剤アレルギーであることは、すでにご紹介したとおりで、こういう痛みのときは厄介だ。
「じゃ、鎮痛剤はやめて、炎症を抑える薬にしましょう。こっちは大丈夫ですね?」
 医者に問われたが、そんなこと私にわかるわけがない。
「わかりません」
 というと話が長くなりそうなので、
「ハイ、大丈夫です」
 と返事をしたところが、帰宅して薬を飲んでしばらくしてからのこと。
 尾籠な話で恐縮だが、下痢が始まったのである。
 急いでインターネットで調べてみると、希にこういうことがあるとのこと。
 何と私は、鎮痛剤もだめ、炎症を抑える薬もだめということになるのだ。
「困ったな」
「しょうがないでしょ」
「しょうがないったって、うっかり病気もケガもできないではないか」
「しなきゃ、いいでしょ」
 言われてみればそのとおり。
 だが、病気やケガは、好きこのんでする人間など一人もいないのだ。
「しなきゃいいでしょう」
 と言い切る愚妻の〝割り切り〟を、私は心底、うらやましく思うのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.