歳時記

ハンチングを買う

投稿日:

 暑くなった。
 スキンヘッドは、日差しが大敵だ。
 だから、帽子やバンダナはたくさん持っているが、それでも新しいのが次々に欲しくなる。
「帽子は、一度に一つしかかぶれないのよ」
 と、愚妻はあきれるが、欲しいものは欲しいのだ。
 で、黒いシープスキンのハンチングを買った。
 先ほど、配達されたハンチングをかぶり、鏡に写して見ていると、愚妻が汗びっしょりになって帰ってきて、言った。
「ちょっと、私がこうして畑に行っているのに、あなたときたら、涼しい部屋でノンキに帽子をかぶって・・・」
「スマン、スマン」
 すぐに、あやまった。
 火は消火するもので、油を注ぐのは愚の骨頂なのだ。
「さっ、早く風呂へ入れよ」
 と気づかったまではよかったが、
「わしは、もう入ったから」
 の一語は余計だった。
 愚妻は、キッと目に力を入れて、
「いいわねよ、朝風呂に入って、帽子かぶって。私なんか、朝から畑でフーフー言っているのに」
 余計な一語で、火に油をそそいでしまい、消火活動は難航するのである。
 火事の元は、マッチ一本とは限らないのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.