歳時記

最新刊が即、重版

投稿日:

 最新刊『ヤクザ式 相手を制す最強の「怒り方」』 (光文社新書)が、発売一週間で重版。
 好調である。
 昨年九月に刊行した『怒る一流 怒れない二流 』(フォレスト新書) も毎月版を重ね、いま六刷り。
 読者諸賢に感謝だが、それにしても「怒る」ということにこれほど関心があろうとは、いささか驚きでもある。
 察するに、拙著のテーマが「ホンネの肯定」にあるからではないだろうか。
 つまり「怒ることはいけない」とされながらも、人間は怒りから開放されることはない。
 ならば「怒るな」というのは無理な注文であって、
「怒っていい。ただし、怒り方が問題」
 というとらえ方をするべきだろう。
 怒っていい。
 欲があっていい。
 他人をうらやんでいい。
 妬(ねた)んだっていい。
 それが人間である以上、これらの煩悩(ホンネ)を肯定した上で、
「じゃ、どう怒るか」
 ということを、私はテーマとする。
 ヤクザから仏教まで、あれこれ書き連ねているが、私の視点は常に「煩悩(ホンネ)の肯定」にあるのではないか。
 人ごとのようだが、そんなことを考えるのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.