歳時記

愚妻の強靱な神経

投稿日:

 11月に入ったというのに、ポカポカ陽気である。
 学生時代、文化祭のときにコートを着た記憶があるので、地球はホントに暖かくなっているのだと実感する。
 だが、習慣というのは恐ろしいもので、つい暖房のスイッチを入れてしまう。
 それで今朝も、
「ちょっと、この陽気に暖房だなんて、頭がおかしいんじゃないの」
 と愚妻に叱られてしまった。
「そんな言い方はないのではないか」
 と反論を試みるが、
「じゃ、どう言えばいいの」
 キッと柳眉を逆立てられては、白旗を揚げるしかない。
 というのも二日ほど前から左の首が痛く、元気も根気もないのだ。
 神経が障っているらしく、二ヶ月に一度くらい数日にわたって痛み、原稿もままならない。
 暖房を切り、
「おまえは、いつも正しいな」
 と、気弱に皮肉を言ったが、もちろん愚妻には通じず、
「あたりまえでしょ。私はいつも正しいことしか言わないわよ」
 私は、愚妻の強靱な神経を心底、うらましく思うのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.