歳時記

変わっていく自分

投稿日:

 朝4時に自宅を出発し、東北自動車道をのんびりと走る。
 後続のクルマがビュンビュン追い抜いていく。
 かつての私はビュンビュン派で、チンタラ走っているクルマを見ると、
(ヒマ人はしょうがねえな)
 と悪態をついたものだ。
 その私がいまやチンタラ組。
 ビュンビュン派に追い越されることが、むしろ楽しいのだ。
 何が楽しいのかというと、追い越されても頭に来ない自分である。
 チンタラ走ることに愉悦をおぼえる自分である。
 そんな自分、すなわち「年齢とともに変わってきた自分」を意識することが、とても楽しいのだ。
 若いころは、「変わらない自分」でありたいと思った。
 変わるのは「変節漢」として軽蔑した。
 やせ我慢であっても「変わらない自分」を貫き、変わらないことを楽しみとして生きてきた。
 だが、いまは違う。
「人間は、どうしようもなく変わっていく」ということに気づき、変わっていくことが楽しいのだ。
 むろん、いいほうに変わっていくとは限らない。
 それでも、変わっていく自分に心ときめくのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.