歳時記

龍笛の稽古で、頭がボーッ

投稿日:

 朝、起きると頭がボーッとしている。
 これは昨日、龍笛(りゅうてき)の稽古に行ったからに違いない。
 なにしろ4時間、みっちり稽古だ。
 指導してくださるH先生は40代の熱血漢で、それに引きずられて、神経がずっと張り詰めている。
 だから疲れる。
 これが空手や古武道の稽古、あるいは原稿執筆であれば、何時間つづけても、疲れはしても神経がくたくたになることはない。
 要領がわかっているので、神経を弛緩させるコツを知っているからだ。
 ところが龍笛はそうはいかず、神経は緊りつめたままということになる。
 となれば、人生も同じのはずだ。
 歳を取るにつれて生きる要領をおぼえ、神経をすり減らすことは少なくなるはずなのに、毎日、神経がくたくたになるのはどうしてだろうか。
 きっと、毎日毎日、〝新たな欲〟が芽生え、それを必死で追いかけてるからだろう。
 神経が休まるヒマがないはずである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.