歳時記

めざせ、隠遁生活

投稿日:

 カレンダーを見て驚いた。
 まだ正月2日ではないか。
 そう言えば、愚妻も昼間、そんなことを言っていた。
 年末から正月仕度でバタバタしていたからだそうだ。
 みんなが集まって賑やかに「おめでとう」もいいが、静かに迎える正月も悪くないのではないかと思ったり。
 そう言えば、
「遠からず隠遁生活に入る」
 と正月に宣言すると、娘がジロリと睨んで、
「借金があるんじゃないでしょうね」
 私は家族に信用がないのだ。
 それにしても隠遁生活をマジメに考えると、残された時間はそうはないことに気づく。
 まず、健康でなければならない。
 ヨロヨロしていたのでは風流とはほど遠く、〝爺捨て〟になってしまう。
 健康だけではダメだ。
 粋で、おしゃれで、遊びができなくては、これも〝爺捨て〟になってしまう。
 コインランドリーとか、しゃれたレストランとかを考えると、里山では具合が悪かろう。
 仕事の打ち合わせを考えれば、交通の便も気になる。
 あれこれとブツクサ言っていると、
「そういうの、隠遁とは言わないんじゃないの?」
 愚妻が鋭いことを言う。
 さっそく「隠遁生活」を辞書で引いてみると、
「世俗を離れて生活すること。世間を去って山中などに住み、仏教の修行に専心すること。また特に、自力門を離れて、浄土教の信仰に入ることもいう」
 仏教修行、それも浄土教とは私にドンピシャリではないか。
 もう何もいらん。
〝爺捨て〟で結構。
 望むところではないか。
 よし、これを人生の目標に、新たなスタートだ。
 風邪も抜けつつある(たぶん)。
 もう一日、大事を取って、明後日からウォーキングを再開しよう。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.