日日是耕日

俗にありて、煩悩を耕す365日

歳時記

予定が立たないという「心労」

投稿日:

 計画停電の「予定」で、みんなが右往左往している。
 エリア別に停電時間が異なるが、
「当該地域のすべてが停電になるとは限らない」
「変更の可能性がある」
 ということだからだ。
 停電に備えてはいるが、
「停電するのかしないのか」
 と気をもむため、疲れるのである。
 道場の稽古がなければ構わないのだが、稽古を実施するか、あるいは実施して途中で停電になったらどうするか、とあれこれ頭を悩ますというわけだ。
(じゃ、期間中は休みにするか)
 とも思ったが、計画停電は4月一杯は続くというのだから、そうもいくまい。
 できるだけ停電を避けるという東京電力の努力は評価しつつも、
「予定が立たない」
「先が見えない」
 ということが、どれほど神経をすり減らすことであるか、身にしみてわかった。
 計画停電すら、そうなのだ。
 被災地の方々の不安と心労は察してあまりある。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.