歳時記

白メダカが仕事部屋に同居

投稿日:

 昨日から、メダカを飼い始めた。
 愚妻と所用で房総に出かけた帰途、ソフトクリームを食べようと「道の駅」に立ち寄ると、小さな水槽に入れてメダカを売っていた。
「ちょっと、ダメよ」
 メダカの前に立って動かない私の袖を、愚妻が引く。
「ダメとは、どういう意味だ?」
「ダメはダメに決まっているでしょ」
「ならば、ダメを続けて言ってみよ」
「ダメダメダメダメダメ・・・」
「それみろ、メダカになっているではないか」
 かくして、白メダカを飼うことになった。
 途中で量販店に寄り、水槽やエサなど一式をそろえ、道場の仕事部屋で彼らと同居が始まったのである。
 で、今日が同居2日目。
 先ほど、エサをやった。
 8匹のメダカたちが水面のエサを喜んで食べ始める。
 生まれたばかりか、1センチにも満たない小さな命が頑張って食べている。
 水槽越しに彼らを眺めていると、「命」というものを考えさせられるのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.