歳時記

頑張らず、踏ん張らず

投稿日:

 今朝も4時30分に、スッキリと目覚めた。
(よし、これなら4時起きにするか)
 と、欲をかかないところが私のいいところ。
 これまでずっと、無理とムチャを重ねてきたのだ。
 還暦以後は、「頑張らず、踏ん張らず」の生き方を心がけている。
 だから冷え込みが厳しいときは、空手着の下にパッチを穿(は)く。
 これまで考えられなかったことだが、頑張らず、踏ん張らずだ。
 先日も書いたが、道場は暖房がきいていて暖かいが、中学校の剣道場は寒いのだ。
 で、先夜の稽古前。
 小学生たちが「足が冷たい」を連発しながら、
「いいな、館長は足袋(たび)を穿いて」
 と、私の足もとをうらめしそうに見る。
 だから私は言ってやった。
「館長は足袋たけじゃなく、パッチも穿いているんだぞ」
「パッチ?」
 キョトンとしてから、数人が額を寄せ合うようにしてヒソヒソやり始めた。
「パッチって何?」
「知らない」
「オレも知らない」
 すると女の子のひとりがしたり顔で、
「スパッツのことじゃない?」
 まったく、しょうがない連中だ。
 私は近づいて教えてやった。
「パッチというのは股引(ももひき)のことだ。そして、パンツは猿股(さるまた)と言うんだ」
「ももきひ? さるまた?」
 キョトンがポカンに変わり、そして大爆笑。
「館長、ウソばっかり!」
 私はこのとき「隔世の感」という言葉を思い浮かべたのだった。
 これから1ヶ月が底冷えの季節。
 老兵は、頑張らず、踏ん張らず。
 とりあえず元気にしていれば、消え去ることもあるまい。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.