歳時記

生きるという「バカバカしさ」

投稿日:

「ブログ、読んでいますよ」
 と言われると、ありがたいと思う。
 そして、次にブログを書くときは、そう言ってくれた人の顔が思い浮かべ、
その人が読んで面白いものを書こうと思う。
 ところが、「読んでいます」をいろんな人から言われると、頭がこんがらかってくる。
 若い人もいれば年配もいらっしゃるし、男も女もいる。
 誰に向けて書けばいいのか、ハタと困るのである。
 かくのごとし、好き勝手に書いているはずのこのブログでさえ、「他人の目」に引きずられているのだ。
 まして、日常生活において「他人の目」を気にせず生きるということは、不可能ということになろうか。
 私から見れば、周囲の人は「他人の目」。
 周囲の人から見れば、私は「他人の目」。
 すなわち、お互いがお互いを気にし、窮屈な人生を送っていることになる。
 そう考えると、何だかバカバカしくなってくる。
 いや、死に向かって走りつづけることを「生きる」とするなら、生きること自体、とてつもなくバカバカしいことではないか。
 ゆえに、人生は大いに楽しむべし。
「わかったか」
 つい先ほど、九十九里の温泉健康ランドに浸かった帰途、愚妻に話してきかせたところが、
「これ以上、あなたに楽しまれたら、たまったもんじゃないわ」
 
 なんとバチ当たりなことを。
 人生のバカバカしさに気づかない愚か者と、私は暮らしているのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.