歳時記

「突然変異」という人生観

投稿日:

 私は「頼まれ事」は基本的に断らないことにしている。
 愚妻に言わせれば、
「あなたは、いい顔をし過ぎる」
 ということになるが、これは自分にとばっちりが来るのを恐れての牽制で、バチ当たりの発想である。
 私がなぜ「頼まれ事」を引き受けるかというと、それが「自分の意志に関わらないこと」であるからだ。
 つまり、どんなことにせよ、「自分の意志」が介在するものは、人生において「昨日」の続きに過ぎない。
「昨日」と違う「今日」、「今日」と違う「明日」にしようと思えば、自分の意志と関わりのないこと、すなわち「頼まれ事」を引き受けることである。
 私は、過去・現在・未来が一直線上に並ぶような人生はイヤなのだ。
 だから突然変異の人生を求めて「頼まれ事」を引き受けるというわけである。
 このことを愚妻にどう説いてみても理解不能のようで、
「突然変異だか何だか知らないけど、あたしに迷惑かけないでちょうだい」
 愚かなことを冷たく口走るのである。
「馬の耳に念仏」という諺(ことわざが)ある。
 アホな馬は救いがたいという意味だが、本意は「馬に念仏を説こうとする坊主がアホ」ということではないのか。
 なるほど、そうか。
 愚妻に〝突然変異の人生論〟など話しても理解できるわけがないと、私は一人静かに納得するのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.