歳時記

審査会を終えて

投稿日:

 昨日、私の道場の秋期審査会を終えた。
 子共から大人まで70名ほどの受審者だ。
 審査するのは私のほか、支部の師範、本部指導員など4名。
 試合ではないので、巧拙はともかく、一定レベルを満たしていれば合格とするが、それでも5名が11月末に再審査、迷いに迷って数名を合格とした。
 本来、再審査という制度はないのだが、5名は茶帯クラスであり、また稽古も休まず来ているので、不合格にするのは教育的見地からよくないと思ってのことである。
 迷った末の合格者も、「迷ったら合格」という教育的見地からそうした。
 地位が人間をつくることはよく知られているが、段級も同じだ。昇段級するにつれ、それに見合った技量になっていくものである。
 いや、このことは地位や段級に限るまい。
 相手を「信用」すれば、信用に足りる人間になる。
「信頼」すれば、信頼に足りる人間になる。
 だが、そうは思いつつも、
「相手が信用に足りる人間になるなら、信用しよう」
 と、逆発想をしてしまう。
 私の課題である。
 

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2021 All Rights Reserved.