歳時記

日帰り入浴の〝若いパパ〟

投稿日:

 九十九里の白子は、テニスのメッカとして知られる一方、温泉の町でもある。
 それが気に入って、この地に仕事部屋を借りたわけだ。
 クルマで十分ほど行けば温泉健康ランドがあるし、あちこちの温泉旅館で日帰り入浴をやっている。
 で、昨日午後は、仕事部屋から歩いて五分ほどのところにある温泉旅館へ出かけた。
 
 展望浴場から、サーファーたちの波乗り姿が見える。
 その上空を、エンジン付のモーターパラグライダーがのどかに飛んでいる。
 徹夜明けであったが、湯船に手足を伸ばしながら眺める景色は、なんとも気分がいいものであった。
 と、そのときである。
 湯船から出た三十前後の若いパパが、
「洗面器を片付けなさい。ほら、椅子も」
 と、幼い我が子に毅然と命じたのだ。
 幼児も、
「うん」
 と素直に答えて片付け始めた。
 この光景を見ていて、日本の若いパパも捨てたもんじゃないと見直した。
(こんなパパに育てられる子供は幸せだろうな)
 とも思った。
 若いパパは私に軽く会釈して風呂場を出て行った。
 私は展望の窓に目をもどす。
 ついさっきまで、いい眺めだと思っていたサーファーやモーターグライダーが、何やら急に色あせて見えてきた。
 いま風呂から出て行った若い親子の〝景色〟のほうが、私には何倍も何十倍も素晴らしく見えたのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.