歳時記

見栄を張らず、人生ボチボチ

投稿日:

 見栄を張ってナンボ――そう信じて生きてきた。
 喜怒哀楽を表に出す人間は「素直」でもなんでもなく、腹が減ったと言ってキャンキャン泣いてみせる犬と同列である。
 だから「武士は食わねど高楊枝」で、人間は見栄を張るべきだと思うのだ。
 だが、最近は少し考えが変わってきた。
 見栄を張ることの愚かさに気がついた、というわけではない。
 面倒くさくなったのだ。
 これまで私は、10のものを5に見られるのはしゃくだった。
 むしろ12に見せるように努力してきた。
 ところが最近は、5に見られようが3に見られようが、
(ああ、そうですか)
 と、気にならなくなってきたのである。
 達観したのではない。
 57歳という年齢になってみれば、10のものを12に見せたからといって、人生ボチボチ。ほとんど影響しなくなってきたからだ。
 同様に、10のものが5に見られたからといって、これも人生ボチボチなのである。
(ならば、見栄を張るだけしんどいではないか)
 そう思うようになってきたのである。
 思うだけではだめで、即、実践だ。
 すぐさまデーラーに電話して、クルマも小さいものに買い換えることにした。
 時計も、ハデな金ムクはしない。
 今日は雨なので、古いジーパンに長靴を履いて出かけた。
 先ほど、女房と昼食に出かけたが、値段の安いものをあえて注文した。
 やってみると、これが実に清々(すがすが)しい気分なのである。
 あんまり気分がいいので、もう一枚、作務衣を仕立てたくなってきた。
「おい、京都の岩田呉服店から生地見本が来てたろ?」
 レストランで食後のコーヒーを飲みながら、思わず女房に告げていたのだった。
 煩悩とは、げに恐ろしきものなのである
 

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.