歳時記

言葉の劣化

投稿日:

月曜から愚妻は、1泊2日1通院である。
第4回目の抗ガン剤投与だ。

私は通夜、葬儀が入っている。
法衣の準備は愚妻の役目なので、1泊2日程度ならいいが、長く入院されるとマジに困る。

「おまえも大変だろうが、わしも大変なのだ」

そう言うと、

「なによ、結婚して50年間、私はずっとあなたの世話をしてきたでしょ」

そして、
「これからは、私が世話をしてもらう番だわよ」

居直り、ペラペラと老々介護の話まで展開する。

余計なことを言わなければよかった。
なるほど、口は禍の元とは、先人はよく言ったものである。

そう言えば過日、年配女性のご葬儀でのこと。

花入れのとき、故人の娘さんが幼いわが子に泣きながらこう言ってきかせていた。

「ババは死んだのよ。さよならを言いなさい。次は、ジジだからね」

ジジは喪主。
娘さんに悪気はもちろんない。
いずれ親を亡くすのだというご自身の覚悟が、そんな言葉になったのだろう。

その気持ちはよくわかる。
だが、この言葉を棺のまわりにいた人はどう受け取っただろうか。

言葉は真意を表すとは限らないということにおいて、実に難しいものだ。

真意を言葉でどう伝えるか。
メールという文字がコミュニケーションツールのメインとなった今、言葉の劣化を感じるのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2023 All Rights Reserved.