歳時記

足首が「痛テテテテ」

投稿日:

昨朝、起きたら右足首が痛い。
二階の自室から階段を一段降りるたびに「痛テテテテ」である。

愚妻が眉間にシワを寄せる。
昨夕は、お通夜のお勤めがあるのだ。

「ちょっと、痛風?」
「違う。赤くなっておらん」
「じゃ、何をやったのよ?」
「わからん」
「何かやったんでしょ、やってるに決まってるんだから」
「いや、何もせん」

答えてから、ハタと思い当たった。

気が向けば健康のため竹踏みをやっているのだが、前夜のこと。

毎週、楽しみにしているNHK『ダーウィンが来た』を見ながら、
(そうだ、これを見ながら竹踏みをすれば、時間の節約になって一石二鳥だ)

そう思い、どうせ踏むなら番組終了まで30分やってみるか、ということで踏み続けたのである。

右足首の痛みはそれに違いない。

その旨、愚妻に告げると、
「あなたは後先を考えないで、何でも無茶するんだから!」

柳眉を逆立てたが、私は、
(なぜ両足首でなく、右足首だけなのか)
ということを考えていた。

「わかったぞ!」
「何よ」
「均等に踏んでいるつもりでも、利き足に自然に力が入っているのだ」
「くだらないこと言ってないで、お通夜は大丈夫なの?」

シップをしてもらい、サポーターで足首を固定してその上から白足袋を履いた。

このとき初めて知ったが、色んな種類のサポーターが我が家にはたくさんあるではないか。
マスクと同じで、こういうグッズを買うのが愚妻の楽しみ一つなのだ。

「いろいろあって助かるな」
皮肉を言ったのだが、愚妻はホメられているものと勘違いし、ニッコリ笑っていた。

何ごとも自分の都合のいいように解釈する。
愚妻のメンタルの強さは、このあたりにあるのだろう。
いろんな再発見があるものだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2022 All Rights Reserved.