歳時記

雪が降る

投稿日:

 今朝、小高い丘の旅館から見下ろす一帯は、うっすらと雪化粧。
 午前中は、ずっと雪が舞う。
 まさか4月に入って雪に降られるとは思いもしなかった。
 寒冷地の山間部は恐るべし。
 だが、雪の舞う春先の露天風呂に手足を伸ばせば、世事のわずらわしさを忘れることができる。
『仄(ほの)かに樵歌(しょうか)を聴いて 世縁(せいえん)を忘る』
 という、藤原惺窩『山居』の一節を湯船で吟じる。
 所用を終え、明朝、自宅に向かう。
 世縁の真っ直中である。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.