歳時記

無事の一年

投稿日:

 人生を長く生きていると、「流れ」というものが感覚でわかってくる。
 経験則というやつだ。
 たとえば仕事が忙しいとき。
 予定表とニラめっこしてスケジュールを細かく決め、
「これでよし」
 となるが、こういうときに限って突発的な用事が入ることを、経験則でわかっている。
 だから、綱渡りのスケジュールを組みつつ、
「何か飛び込んでくるぞ」
 と警戒し、心の準備をするのだ。
 昨日も友人から電話で、
「木曜日に葬場勤行の練習があるんだけど、案内がいってる?」
 突発事態である。
 木曜日は稽古がないため、自由に使える一日。
 仕事の積み残しや、調べごとなどに時間を充てる予定にしていたが、
「何かある」
 と警戒していたので、平静に受け止めることができた。
 流れがわかるので、忙しいときほど私は頻繁に予定をチェックし、「飛び込み案件」に備える。
 そんなこともあって、私は随時、愚妻に予定を口頭で告げておくのだが、外出の予定を伝えると、
「じゃ、食事はいらないのよね」
 愚妻の声が明るくなる。
 ところが、
「いや、夕方には帰ってくる」
 と言おうものなら、
「出歩いていないで、仕事したらどうなの」
 とたんに機嫌が悪くなる。
 予定を入れるのも楽ではないのだ。
 昨夜は近所のイタメシ屋へ出かけ、愚妻と年間予定の打ち合わせ。
 12月まで手帳をめくったので、何やら今年が終わった気分になった。
 明日の命はわからないが、とりあえず手帳の上では、この一年を無事に生きたことになるのだ。
 

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.