歳時記

北朝鮮のミサイル

投稿日:

 北朝鮮がミサイルをバンバン打ち上げている。
 そのたびに、政府の「安倍・菅コンビ」は、
「断じて容認することはできない」
 と、同じセリフを繰り返す。
 しかし、ミサイル発射がこうも続くと、「安倍・菅コンビ」もおそらく内心では、
「これって、毎度、同じセリフだな」
 と、舌打ちしていることだろう。
「国際社会が一致して」
 と、これも毎度、同じセリフ。
 要するに日本としては、何をどうしようというのだろう。
 放っておけば、ミサイル開発は加速する。
 攻撃すれば、日韓に被害が及ぶ。
 被害を恐れて手をこまねいていれば、ますますヤバクなる。
 こういうとき、宗教家は何と言うのだろう。
 キリスト教であるなら、
「右の頬をぶたれたら、左の頬を差し出しなさい」
 と微笑み、仏教なら、
「兵戈(ひょうが)無用」
 と、したり顔でもするのか。
 自分のことを棚に上げて言うのも何だが、浅学非才の私には仏教的見地から、何をどうすればいいのか、言うべき言葉がない。
 ぜひとも宗教家たちの意見を聞いてみたいものである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.